カルチュラル・タイフーン2017 発表募集

【発表募集】

カルチュラル・タイフーン2017@早稲田大学では、国内外のみなさまの発表を広く募集しております。応募に関しては、第一次募集(2016年12月20日締め切り)と第二次募集(2017年1月31日締め切り)とがあります。それぞれ、「個人発表」および「グループ発表」の募集を行います。

※今大会より学術研究発表につきましては学会員資格が必要となります。2016年度会費納入状況をご確認ください。また学会員でない方の発表につきましては、発表登録料が参加費とは別に必要となります。下記の【発表資格について】をご確認ください。

 

【応募方法】

応募フォーム(個人発表用/グループ発表用)をダウンロードし、必要事項を記入の上、

apply.cultural.typhoon@gmail.comまで送付ください。

 

【目的】

変わりゆく現代社会にカルチュラル・スタディーズはどのように対応していけるのでしょうか。グローバリゼーションや新自由主義がますます世界を席巻する一方、イギリスのEU離脱に見られるように、それに対する反動は世界の再分断化を導いているようにもみえます。情報の交換・移動のあり方は急激に発展・複雑化し、人々のつながりから株式投資まで世界が光速で結びつき、影響を与え合う社会が生み出されています。そうしたなか、文化、そして文化という概念はどのように変容しているのでしょうか。そうした社会を構成する権力をどのように分析することができるのでしょうか。またこのような変容に対して、カルチュラル・スタディーズはどのように自らをアップデートしていけるのでしょうか。カルチュラル・タイフーン2017は、そうした急激な社会変化に即応するカルチュラル・スタディーズを構想する大会にしていきたいと思います。

 

【発表時間(予定ですので変更の可能性があります)】

個人発表:発表25分+質疑応答5分

グループ発表:90分(質疑応答時間含む)

 

【発表資格について】

カルチュラル・スタディーズ学会2016年度総会の決定により、2017年度以降のカルチュラル・タイフーンで学術研究発表を行うためには学会員資格を有することが必要となりました。会員でない方の発表については、大会参加費とは別に、事前に発表登録料の支払いが必要となります。発表登録料は有職者(常勤)5,000円、学生・非常勤職員等3,000円となります。発表登録料の支払いにつきましては、発表受諾の連絡を差し上げる際に支払い方法をお知らせします。また発表登録料を支払われた方で2017年度に新規会員となられる方につきましては、会費納入額の一部として発表登録料分を充当いたします。ご周辺のみなさまへの参加の積極的なお声がけを、なにとぞよろしくお願いいたします。

※グループ発表での応募にあたって、学会員が代表者となり、他の発表者として非会員を加える場合は、同一グループの非会員の発表者も、発表登録料をお支払いただく必要はございません。

※研究発表以外の活動(プロジェクト・ワークス=ブースやワークショップ等)には、従来通りどなたでも参加申し込み可能です。プロジェクト・ワークスの募集は2017年2月を予定しています。

 

【会員申し込み】

入会申し込みについては下記をご覧ください。

 

【発表に関するお問い合わせ】

研究発表に関するお問い合わせは、info.ct2017@gmail.comまでお願いいたします。