7月13日(土) 14:00 – 16:00

現代日本における「若者」・「レジャー」・「幸福」

日時
7月13日(土) 14:00 – 16:00
会場
101
使用言語
日本語

司会

渡辺 潤(東京経済大学・コミュニケーション学部〔教授〕)

パネリスト

小澤 考人(東海大学・観光学部〔専任講師〕)
佐藤 生実(余暇ツーリズム学会〔会員〕)
小形 道正(東京大学大学院・総合文化研究科〔院生〕)
阿部 勘一(成城大学・経済学部〔准教授〕)



現在の日本社会は、グローバリゼーション下の経済的低迷と少子高齢化・人口減少の局面に際し、重苦しい閉塞感に包まれている。その中で若者の「不遇/不幸」をめぐる状況が実践的・学問的な争点となる一方、近年その「幸福感」を強調する議論も現れている。当パネルでは、こうした社会的条件と意識のずれを伴う問題に切り込み、考える糸口として、カルチュラル・スタディーズ及びレジャー・スタディーズに注目する。はたして現在の日本人(特に若者世代)にとって、「余暇・レジャー」の経験とはどのようなものとして現象しているのか。例えばポピュラーカルチャーなどレジャー消費の局面こそが、若者の「幸福感」を演出しているのか。だが他方、この楽しくも甘美なレジャー経験こそが、彼らをして自らの社会的条件を直視し、・な課題へと結びつけることを回避させているのか。こうしたレジャー経験のもつ、①幸福・自由へのポテンシャルと、②ガス抜き効果という両義的側面をふまえつつ、若者のレジャー消費とその経験・批判意識との関連性を考えることは、現代日本の展望と変革可能性に関わるだけに、今あらためて再審に付されるべき重要な主題であるといえよう。当パネルでは、(a)ファッション・メディアなど具体的素材を伴う報告者の問題提起と、(b)討論を介した補助線の提示をつうじて、開かれてくる視界と射程について考察と問題提起を行いたい。

Gender, Politics, and Family Value: Reading Manga from Post-311 Perspectives

日時
7月13日(土) 14:00 – 16:00
会場
103
使用言語
English

オーガナイザー

Akiko Sugawa-Shimada (Kansai Gaidai University)

パネリスト

Akiko Sugawa-Shimada (Kansai Gaidai University)
Ming Hung (Alex) Tu (Tamkang University, Taiwan)
Hyojin Kim (Korea University, South Korea)
Kotaro Nakagaki (Daito Bunka University)



Manga is inherently implicated in networks of various forms and platforms of politics and expressions, even more so after 311. This panel explores how post-311 gender and family politics, ethics, and/or future visions are depicted in Japanese manga, and how these expressions discursively challenge post-311 dominant discourses in mass media by analyzing documentary manga, shojo manga, Sci-fi manga, ladies comics, and essay manga.
By comparing works such as Shiriagari Kotobuki’s Manga Since That Day, Yuumi Eko’s One Year after 311: 13 Off-record Stories and Hagio Moto’s Nanohana, Tu examines how post-311 comics invent ways of “seeing through” invisible radiation and disaster as well as how these fabulations may lead to alternative concepts and treatment of nuclear energy. Nakagaki attempts to re-visit apocalyptic narratives in The Drifting Class Room (1973), Dragon Head (1995), and COPPELION (2008), and consider functions and possibilities of sci-fi imagination to express natural disasters and nuclear crisis. Sugawa-Shimada explores how female seinen/essay manga artists such as Ranjo Miyake use the form of manga for constructing a psychological safe place for survivors, by focusing on a charity manga anthology, Our Manga (2012). Kim analyzes how Ladies’ Comics depicts and interprets women’s 311 experiences, as an effective medium for overcoming traumas, through familiarizing extraordinary experiences in terms of traditional virtues such as parental love.

Alternate Media Worlds and Precarious Consumption After 3.11

日時
7月13日(土) 14:00 – 16:00
会場
105
使用言語
English

司会

David Slater (Professor at Sophia University)

パネリスト

Jason G. KARLIN (University of Tokyo)
Nicolas Sternsdorff Cisterna (PhD candidate at Harvard University)
Patrick W. GALBRAITH (Duke University)
Keiko NISHIMURA (Independent Scholar)



The Japanese mainstream media’s relentless promotion of idols in the period after the triple disaster in Fukushima is a reflection of the importance of consumption to Japan’s precarious post-industrial economy. Rather than a sign of economic prosperity, the intensification of the idol industry in recent years, after a period of decline in the 1990s, is a product of Japan’s unsustainable consumption-based media system thrown into crisis by globalization and convergence. Through spectacles of mediated suffering, the mass media desperately seeks to re-constitute audiences who have become cynical and disillusioned with its disposable, tabloid culture. In the wake of this crisis in capitalism, the potential for alternate media worlds arises among groups empowered through new media technologies and forms of social organization. The papers on this panel will examine how the mainstream media is clinging to power through the domestication of suffering, sacrifice, and spectacle in the period after 3.11. Austerity measures that echoed the rhetoric of wartime conservationism have confronted the grim reality of an economy that thrives on affective consumer economics. In addition to critiquing the current media system, the presenters will discuss post-capitalist alternatives to the current media economy in Japan.

テーマ:メディア / Media

日時
7月13日(土) 14:00 – 16:00
会場
203
使用言語
English

司会

CJ (Shige) Suzuki (Baruch College, CUNY)

パネリスト

(Re)mediating Bodies and Crises in Popular/Visual Media

Dr. Joshua Dale (Tokyo Gakugei University)
Dr. Marie Thorsten (Doshisha University)
CJ (Shige) Suzuki (Baruch College, CUNY)

New Media at a Crossroads: Digital future of Japan

Kukhee Choo (Tulane University)

テーマ:Transfer / Immigration

日時
7月13日(土) 14:00 – 16:00
会場
204
使用言語
English

司会

IWABUCHI Koichi (Monash University)

パネリスト

Immigrating from South to North

Dr Kouam Ngocka Valérie Joëlle (Associate Professor University UCAC Yaoundé, Cameroun)

The determinants of International Migration of Filipina Health Care Workers to Japan – the Close Encounter of Zainichi and Rainichi Filipinos in Japan

Aga Charytoniuk (The University of Sheffield (UK) – School of East Asian Studies -)

Islam, Itaewon and Muslims and Koslims: Intercultural Dynamics of Islam Neighborhood in Seoul

Jiyun Camilla Nam (Yonsei University, Seoul, South Korea)

スポーツナショナリズムの現在――東アジアの文脈から

日時
7月13日(土) 14:00 – 16:00
会場
302
使用言語
日本語、Chinese

司会

有元 健(国際基督教大学)

討論者

清水 諭(筑波大学)

パネリスト

キム・ヒョンミン(筑波大学人間総合科学研究科 博士後期課程)
川邉 凱仁(筑波大学人間総合科学研究科 博士前期課程)
Chang-de Liu(National Chengchi University, Taiwan)



「スポーツに政治を持ち込んではいけない」という言説は、しかし、ナショナリズムに対しては寛容である。スポーツから政治を排除した空間のなかに、政治性をあからさまには装わない形でナショナルな言説、表象、表現が滑り込んでいる。本セッションでは、スポーツがナショナリズムと結びつく複雑で多様な過程について、東アジアの文脈から議論していく。まずキム・ヒョンミンは、植民地時代や軍事政権時代に焦点化されがちな韓国のスポーツナショナリズムに関する既存の言説を離れ、90年代以降の社会的文脈のなかで多様な形を伴って表出する新たなスポーツナショナリズムとその変容過程について考察する。川邉凱仁は、2012年のロンドン五輪に注目し、スポーツフィールドで活躍する選手の可視化された身体イメージを介して展開されてきた「体力には劣るものの、組織力で世界と戦う」という既存の日本人ステレオタイプとは異なる、新たな「日本人」表象が作られていくプロセスについて論じる。Chang-de Liuは、台湾におけるナショナリズムの言説が、あからさまな政治的形態から文化的な形態(文化的な感傷)へと転換している過程を論じながら、東アジアの文脈において台湾のスポーツナショナリズムが、「われわれ」と「敵(やつら)」を構築する主要なファクターになりつつあることを分析していく。