Special Program

13th, July (Sat.)
Time Room No. Language Title
10:30
|
12:30

14:30
|
16:30

301 Japanese

「復興」への違和感、そして直視すべき問題

司会者:植松青児(印刷労働者)

第一部
報告者:北島教行(原発作業員/元・東経大生)、山内明美(大正大学/宮城大学南三陸復興ステーション研究員)、荒木田岳(福島大学)

第二部
報告者:鵜沼友恵(双葉町→埼玉県に避難中)、小河原律香(郡山市→山梨県に自力避難中)

ワークショップ 「311以降の身体と心を編みなおすために」
武藤類子(里山喫茶「燦」/福島原発告訴団長)
*16:30からの予定。詳細は、当日の掲示をご参照下さい。

16:30
|
18:30
301 Japanese

NEXT WAVE CULTURE
-ポスト資本主義下の実践カルチュラル・スタディーズ-

司会者:山本敦久(成城大学)
報告者:GREEN LAB(スノーボーダー/オルタナティブ・エコロジスト)、増原裕子&東小雪(LGBT アクティヴィスト)
討論者:田中東子(十文字学園女子大学)

14th, July (Sun.)
Time Room No. Language Title
10:30
|
10:30
301 Japanese
English

Culture and Politics: When the Music’s Over

Coorinator: Kyohei Miyairi (Hosei University, Japan)
Panelists: Miao-ju Jian (National Chung Cheng University, Taiwan), unghung Ho (Fu Jen Catholic University, Taiwan), Nelson Babin-Coy (Musician, Japan), Ryo Isobe (Music Writer, Japan)
Discussant: Bennett (Griffith University, Australia)

14:00
|
16:00
301 Japanese

抗うアジアの表現と情動 ―― オルタナティヴな<記憶-歴史>を想像する

司会者:戸邉秀明(東京経済大学)
報告者:鈴木勝雄(東京国立近代美術館)、白凜(東京大学大学院)、若林千代(沖縄大学)
コメンテーター:佐藤泉(青山学院大学)、東琢磨(音楽・文化批評)

16:30
|
18:30
301 Japanese

たまスタディーズ:国立編

Chair: Tanaka, Yasuhiro (International Christian University)
Panelists: Takahashi, Hiroko (Hitotsubashi University), Takahara, Taichi (Tokyo University of Foreign Studies), Social Studies Club of Toho Junior and Senior High School