Group Work

方法としての伝統工芸品と「内発的発展」

Time
13th, July (Sat.) 12:30 – 14:00
Place
J, Kiryo Kaikan

Organizer

清水 友理子(一橋大学)

沖縄の伝統産業再生の取り組みである「メイドイン沖縄プロジェクト」が、沖縄の戦後史にどう位置付けられるのかを、内発的発展論や沖縄リゾート開発の歴史に目を配りつつ検討してゆきます。今回のグループワークでは、そのなかでも、伝統工芸品でもあり観光土産品でもある「琉球ガラス」をひとつの事例として扱ってゆきます。
宮本憲一、鶴見和子の内発的発展とリゾート開発の歴史をふまえたなかで、[資本主義・ツーリズム・グローバリズム・ローカリズム・市場]という側面からも伝統工芸品を捉えるとき、沖縄でのこの活動は一体どう位置づけられるのかを、ディスカッションしてゆきます。

80’s Sanya“Yama”〜Two women“Naoko”〜90’s Shinjyuku (Talk session)

Time
13th, July (Sat.) 14:00 – 16:00
Place
B205
Language
Japanese

Organizer

Kenji Motoyama (Musashi University・Waseda University Part-time lecturer, underground universe-city)

Panelists

Shinobu Oda (Editor)
Naoko Sakokawa (Photographer)
Gen Hirai (Critic)

「争闘」Photo: NANJO, Naoko

「山谷夏祭りにて」Photo: NANJO, Naoko

Booth session focus on two women photographers “Naoko”. Naoko Nanjo who took photos of day labors in 80’s Sanya. Naoko Sakokawa who took photos of homeless in 90’s Shinjyuku.This group work leads talk session along with the exhibition.,Shinobu oda(editor),Naoko Sakokawa(photographer),Gen Hirai(critic) will dig in to the session on photos of both “Naoko”. [Language: Japanese]

「ロクさんと猫」Photo: SAKOKAWA, Naoko

「新宿ダンボール村」Photo: SAKOKAWA, Naoko

「リボンヌ手芸部」ワークショップ

Time
13th, July (Sat.) 14:00 – 16:00
Place
J, Kiryo Kaikan

Organizer

太田 明日香(オオタ編集室)

Panelists

山口 里佳(リボンヌ手芸部)
杉 千種(リボンヌ手芸部)
太田 明日香(オオタ編集室)
藤本 光浩(マジェルカ)

障害のある人たちのつくったものを再生=Re-bornさせて、社会へとつなげる架け橋プロジェクト「リボンヌ手芸部」によるワークショップ。障害のある人が作るもの、または施設などで出る材料を使い乙女テイストにアレンジし、雑貨を作ります。
ワークショップは参加費として、500〜800円程度実費をいただきます。

たまたまディスカッション –オルタナティヴな学びと生き方

Time
13th, July (Sat.) 16:30 – 18:30
Place
B205

Organizer

Hiroshi Nagahata (Shure University)
Miyaka Naruse (Tokyo Keizai University 21st Century Liberal Arts Program)

Panelists

Hiroshi Nagahata (Shure University)
Miyaka Naruse (Tokyo Keizai University 21st Century Liberal Arts Program)
Kageki Asakura (Shure University)

就職難、ワーキングプア、いじめ、体罰、不登校、ひきこもり、スクールカースト・・・。日本社会に生きる子ども・若者の困難が数多の流行語とともに私たちの耳に飛び込んできます。しかし一方でその子ども・若者自身の感覚、その微妙で複雑な「生き辛さ」の感覚に焦点があたることは、意外に少ないのではないでしょうか。 今回は現代日本社会における「生き辛さ」について研究してきたシューレ大学の学生らが、自らの体験をもとに「なぜオルタナティヴな学び、生き方を選ぶのか」というテーマで報告をします。そしてその報告を受け、会場の参加者全員で意見を交わします。また報告者とは世代の異なるゲストをお招きし、少し角度の違った視点からも意見をいただく予定です。 この「たまたまディスカッション」では、若い世代の具体的な「実践」とその「動機」、そして「実践」にかける「思い・意義付け」を重視します。また報告者のみならず、一般の参加者の経験や意見についても共有し、議論します。立場、職業、年齢、学歴、性別も多彩な、まさに”たまたま”集まった人々の手による独自の空間づくり。この企画そのものがオルタナティヴな実践となることを目指します。[発表言語:日本語]シューレ大学とは:自分の学びたいこと・表現したいことを自分のスタイルで探求していくという構想のもと NPO法人東京シューレを母体に1999年設立。活動内容は各種の講座、自分研究、不登校研究、海外のオルタナティヴスクールとの交流、アートプロジェクトなど本格的かつ多岐にわたる。

ブリコラ交易所トーク「福祉施設は宝の山!? ブリコラ―ジュなものづくりの魅力と可能性」

Time
14th, July (Sun.) 10:30 – 12:30
Place
B205

Organizer

太田 明日香(オオタ編集室)

Panelists

山口 里佳(リボンヌ手芸部)
杉 千種(リボンヌ手芸部)
太田 明日香(オオタ編集室)
藤本 光浩(マジェルカ)

 「ブリコラ交易所」として出店している編集者の太田明日香と、西荻窪で全国の福祉施設で作られている手仕事品を扱うセレクトショップ「マジェルカ」を運営するオーナーの藤本光浩によるトーク。
 端材や身近な素材を利用したり、障害のある人が作業しやすいような工具を使ったり、福祉施設でのものづくりは創意工夫に満ちています。
それは、文化人類学者のレヴィ=ストロースが唱えた「ブリコラージュ(ありあわせの素材や道具によるものづくり)」に通じるところがあるように思います。
福祉施設でのブリコラージュなものづくりのおもしろさに惹かれたふたりが、本作りや雑貨販売を通じて感じた、障害のある人や福祉施設でのものづくりの魅力や可能性について考えるトークです。

Anthro-Film Laboratory / Anthro-Film Laboratory – new entanglement

Time
14th, July (Sun.) 14:00 – 16:00
Place
B205
Language
Japanese

Organizer

Sachiko Tanuma (Osaka Univerity)

Panelists

KAWASE Itsushi (National Museum of Ethnology)
ITO Satoru (National Museum of Ethnology)
MORITA Yoshinari (Toyo University)

This workshop introduces new current of Anthropology and film by core members of Anthro-film Laboratory. Anthro-film Laboratory aims to explore the knowledge and human experience that can be transmitted through non-textual form; expanding the practice of knowledge creation and storytelling in the humanities in conjunction with film, contemporary art and anthropology. [Language: Japanese]

エメ・セゼールとの対話 植民地主義・アフリカ・シュルレアリスム

Time
14th, July (Sun.) 16:30 – 18:30
Place
B205

Organizer

中村 隆之〔なかむら・たかゆき〕(大東文化大学)

Panelists

粟飯原 文子〔あいはら・あやこ〕(神奈川大学非常勤講師)
佐久間 寛〔さくま・ゆたか〕(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所ジュニア・フェロー)
廣田 郷士〔ひろた・さとし〕(東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程)

生誕100年に当たる本年に、エメ・セゼール(1913-2008)の仕事を回顧する。セゼールはネグリチュード黒人性という態度を表明した詩人として、『帰郷ノート』や『植民地主義論』を世に問い、カリブ・アフリカのみならず1950年代の脱植民地化運動の精神的支柱をなしてきた。 上述の代表作がすでに訳されているとはいえ、日本では(おそらく広くアジアでも)まだ本格的に知られているとは言いがたいこの「偉大なる黒人詩人」を再導入することが、本セッションの目的である。しかも、「入門的」というより「冒険的」にセゼールを論じてみたい。そこで掲げられるのは、〈植民地主義〉〈アフリカ〉〈シュルレアリスム〉という、セゼールに馴染みの深いものの、やや意外性のあるキーワードである。 このキーワードを緩やかに意識しながら、アカデミックな閉域ではなく、理論と実践を結びつける文化研究の開かれたフィールドに向けて、三人の気鋭の研究者――アフリカ文学研究の粟飯原文子、西アフリカ民族学の佐久間寛、カリブ海フランス語文学の廣田郷士――が来るべきセゼールを縦横無尽に論じる。異なる立場からなされる三人の個性的な報告を通じて描かれるエメ・セゼール像を手がかりに、会場との共同で、セゼールを今日読むとはどういうことかについて、広く深く考えてみたい。

ゆるカルスタ・カフェ

Time
14th, July (Sun.) 16:30 – 18:30
Place
B206
Language
Japanese

Organizer

有元 健(国際基督教大学)

Panelists

山口 悠雅(国際基督教大学)
松倉梨沙子(国際基督教大学)
河田優希(国際基督教大学)

真面目なのもいいけど、ゆる~いのもいいよね。お茶でもしながらのんびりとカルスタを語りませんか?とりあえずのお題は「身体」です。今、私たちのからだはどうなっているのか。ファッション、整形、スポーツなどなど、ふと思いついたことをきっかけに考えていきましょう。

BL短歌はこう萌えろ!

Time
14th, July (Sun.) 16:30 – 18:30
Place
J, Kiryo Kaikan

Organizer

IWAKAWA Arisa (The BL tanka Writers’ Association)

Panelists

Tanisu Lee (The BL tanka Writers’ Association)
Sayamame (The BL tanka Writers’ Association)

In this panel, we would like to talk about BL-tanka. BL(Boys Love) is a genre, in which mostly women describe the desire and love between men or boys and has a powerful impact all over the world. In times where it is still difficult for women to voice their desire, some women choose to express their desire trough BL, therefore refusing to use heterosexually coded forms of expression. In this sense we want to discuss the relationship between women creating BL-tanka and this kind of subversion, asking the question, if it is possible for women creating BL-tanka to subvert the norms of gender and sexuality through their practice? Also, how is this different from gay literature and gay tanka?
We published the BL-tanka magazine ”Covalent Crystal(共有結晶)” last year and we received a lot of positive as well as critical responses. As a kind of response to these comments, we are going to examine BL’s possibility of deconstructing gender and sexuality norms, and the possibility of relationships beyond heterosexism. Admitting that it is still difficulty finding these possibilities and relationships in our era and society, we are going to present the possibility of subversion through ‘queer-reading’ BL against the dominant culture.