閉会の辞

インターエイジア・カルチュラルタイフーン2009の成功について

7月3日から5日にかけて東京外国語大学で開催されたインターエイジア・カルチュラルタイフーン2009に参加されたすべてのみなさん! この大会を全力で支えてくださった学生事務局、実行委員会、そしてボランティアスタッフのみなさん! さらに、遠くからこの大会の帰趨を見守ってくださったみなさん!

わたしたちはいま間違いなく宣言できます。カルチュラルタイフーン2009は、すばらしい批判的公共空間を作り上げることに成功し、無類の成果を達成して閉幕しました。実行委員会には、興奮した筆致で、参加者のみなさんから異口同音に絶賛の言葉が続々と届けられています。わたしたちはこれらのメッセージのなかに、けっしてたんなる社交辞令ではなく、アジアの仲間たちが実際に知的で刺激的な交流を達成できたという連帯の実感を読み取っています。正真正銘の大型台風のような文化的インパクトを、わたしたちのカルチュラルタイフーンはもたらすことができたのです。

大会の準備期間中も開催期間中も、若い学生スタッフの貢献にはめざましいものがありました。そしてかれらの周到な準備に、各パネル報告、ブースのプレゼンテーション、そしてシネマタイフーンの作品上映やディスカッションは、存分に応えてくれました。実行委員会、学生事務局のメンバーは、たしかにいまはpost festumの虚脱感にはとらわれていますが、同時に、それを倍する達成感も手にすることができています。このカルチュラルタイフーン2009は、きっとアジアにおける研究者のネットワークにとって、「2009以前」と「2009以後」とを分けるような、重要な水嶺となるのではないでしょうか。そして、こうしためざましい成果を、ぜひ大会の成果を練り上げて編集される予定の『カルチュラルスタディーズで読むアジア』(仮題)の出版事業にも、しっかりと引き継いでいきたいものです。

今大会を通じて、若者たちの潜在的力量や、カルチュラルスタディーズの真正なる可能性について、さまざまなことを実証することができました。何よりも、わたしたちの文化研究、文化実践には、未来を構築する活力がみなぎっていました。そうした明るい診断を、日本やアジアの各地域から参加してくださったみなさんには、ぜひともそれぞれの現場に持ち帰ってくださるようにお願いします。

またお目にかかりましょう。わたしたちの未来は、けっして捨てたものではありません。

カルチュラルタイフーン2009実行委員会を代表して

東京外国語大学 岩崎 稔


On the Success of Inter-Asia-Cultural Typhoon 2009

To all those of you who participated in the Inter-Asia Cultural Typhoon 2009, held between July 3rd to July 5th! To all of the student staff committee, organizing committee, and the volunteer staff who wholeheartedly supported this event! And to the rest of you who, from a distance, warmly supported the event!

We can confidently state that Cultural Typhoon 2009 successfully created a brilliantly critical public space, and after the curtain fell, the unparalleled accomplishments were obvious. The Organizing Committee is continuing to receive rave reviews and excited words of praise from the participants. We are reading these messages not as polite words of thanks, but as a realization of solidarity, obtained from this exciting intellectual exchange between partners in Asia. Our Cultural Typhoon brought about a huge cultural impact, equal to that of a large-scale typhoon.

The dedication of our young student staff before and during the event was nothing less than impressive. With the support of the students’ careful planning, the panel discussions, exhibition booths, the Cinema Typhoon film showings and discussions all responded with great enthusiasm. While it is true that the members of the Organizing Committee and the Student-Staff Committee are currently suffering from post festum lethargy, but at the same time, they are experiencing an increasing sense of accomplishment. For the scholarly network in Asia, this Cultural Typhoon 2009 may become a watershed moment, shaping the narrative as “pre-2009” and “post-2009.” Such impressive results need to be sustained and carried over to the edited publication project “Reading Asia through Cultural Studies (tentative title)” which plans to incorporate the myriad outcomes of the event.

Through this meeting, we were able to verify the latent abilities of the youth and demonstrate the real potential and possibilities for cultural studies. Above all, our cultural studies research and cultural praxis was filled with power and energy to construct the future. I hope that such positive prognosis will be taken back to everyone’s localities, both in Japan and to the variety of sites in Asia.

I hope we will all meet again. Our future is not altogether worthless. There is still hope for our future.

09. July 2009, Tokyo

Cultural Typhoon 2009 Executive Committee

  • 2009-04-07 (火) 18:15
Search
Feeds
Meta

Return to page top