Cultural Typhoon
新着情報
CTって何?
2007 テーマ
プログラム
募集要項
運営メンバー
アーカイブ
問い合わせ
まち歩き
シネマ台風
バスツアー
観光情報
ホーム
English
 

 

新着情報

■2007/06/27
プログラムのページを更新し,プレセッション・パネルセッション・地図などの情報を追加・更新しました。

■2007/06/23
プログラムのページを更新し,シネマタイフーン・交流会の情報を追加しました。

■2007/06/17
プログラムのページを更新し,メインセッションの情報を追加しました。

■2007/05/07
名古屋の産業/文化見学会が行われます。申込はこちら(締切:6/10)

■2007/05/07
展示・パフォーマンスの応募〆切が5月31日、シネマ・タイフーンが6月8日(金)まで延びました。

■2007/03/15
シネマ・タイフーンのページを更新しました。

■2007/02/23
「カルチュラル・タイフーン in 名古屋」は、以下のパネル・セッションのペーパーを募集中です

締め切りました

パネル 1.
公的/私的:現代アートと政治
概要
I would like to propose a panel dealing with the impact of contemporary art on notions of the public and the private spheres. Papers discussing issues of contemporary art in the widest sense and its engagement with society are highly welcome. Personally I intend to discuss the effects of the international contemporary art festival Echigo-Tsumari Triennal in northeastern rural Japan on the local notions of public / private. For example, the Turkish artist Ayse Erkmen set up an installation called “What happened here?” in a former residential home, which was badly damaged by the strong earthquake in October 2004. When walking the house in the Tokamachi area, which is left exactly like after the earthquake, with shattered pieces of ceramic, broken windows and damaged furniture, the visitor cannot help having uncanny feelings since there is no guard in the house and things are left exactly as they are, giving the impression that people still live there. This is why one inevitably feels somewhat like an intruder into a private space. How do such installations relate to the conventionally distinct binary structure of public / private in Japanese society? How do locals respond to such works? I would like to form a panel with presenters ideally coming from political science, sociology, art history or other disciplines plus a discussant.

パネル 2
多文化共生の構想と市民参加
概要
「さまざまな外国人労働者がこの地域に引き寄せられた結果」,「新しい多文化的な状況と新しい課題が生まれてきました。こうした状況に対応して,名古屋圏の市民活動グループでは,地域に住む移民労働者やその家族との交流を深めるところが増えてきています」。「ここでは,目に見える形で複数の文化による交渉や対立が行なわれ,共生や包摂が行われる一方で,差別や排除という問題も同時に生まれています」。「それぞれの異なる立場から見えてくるものをつき合わせていくことで,思いもかけない問題の関連性や解決策,連携や恊働の可能性が見えてくるのではないでしょうか」(開催趣旨文より引用)。 この「多文化共生の構想と市民参加」というテーマについて,特に市民活動にかかわる方を中心に,研究者も含めた多様な立場から議論していきたいと考えている。報告の応募,お待ちしています!

■2007/02/23
「カルチュラル・タイフーン in 名古屋」の申込フォームが更新されましたので、新たにダウンロードしてください。

■2007/02/02
「カルチュラル・タイフーン in 名古屋」HPの幕開けです!


Copyright © Cultural Typhoon. All rights reserved.